nono-ji’s diary

アイルランドでの(もがき苦しむ)生活について全般

今日は英語の勉強法の話でもするかのこと①

2019年3月19日(火)

 

どういう風の吹きまわしか、

久々にドーナツを買ってみました。

街のそこかしこにドーナツ屋さんがあるので、

アイリッシュのソウルフード的な、

海外ドラマで、オフィスで差し入れられたドーナツを刑事が頬張る的な、

そんな感じ(どんな感じだよ)だとずっと思っていたのですが、

そういう訳じゃなくて(だからどんな感じだ)

「ただ、今ドーナツが流行っている」というだけらしいです。

先生が言ってました。

日本でもパンケーキとかポップコーンとかが流行るのと一緒ですね。

でも最近アイルランドに初上陸したクリスピークリームドーナツ、

(遅くね?というツッコミはなしの方向で)

ショッピングセンター併設でドライブスルー完備、

24時間営業という力の入れよう!

オープン時は相当な行列になったそうですが、

近隣住民と深夜の騒音問題が勃発して、

24時間営業は早々と中止になりました。(それでも早朝6時からの営業とか)

深夜のドーナツ、一番アカンやつやで?( ^∀^)

 

f:id:nono-ji:20190827204436j:plain

なんで買おうと思ったのか記憶がない、手が勝手にお金払ってたんや…

さて、ドーナツでも食べながら

久々に英語の勉強の話してみようかね。モグモグ

 

英語の勉強と言っても、

こちらでしている勉強ではなく、

日本にいた時の勉強です。

これから留学するという人もいるかもしれませんし、

その予定がなくても、

日本でできる英語の勉強方法なんかないかな〜?と

考察中の方もみえるかもしれません。

なので、私が日本にいる間にしていた勉強について書いてみようと思います。

(今日はちょっと長いぞ)

 

私は大学卒業してからも、

「いつか留学したい!」とずっと思っていたので、

就職してからも独学で英語の勉強は続けていました。

(それしかすることがなかったとも言える/哀)

続けていたといっても、

英検とか試験に向けて集中して頑張ることもあれば、

試験が終わると燃え尽きて2,3ヶ月は一切しなくなることもあったし、

英語とは全く関係ない自分の興味のある資格の勉強したり、

寄り道も沢山してました。

大学在学中も含めると10年間くらい独学の期間があったのか、

じゅ、じゅうねん…怖…!!!(@_@)

 

基本の勉強法は、

とにかく問題集や参考書をやりまくる!

それだけ!

しかも「中学英語」とか、「高校受験」とか、

とにかく初歩の初歩の問題集、参考書が家にい〜っぱいになりました!

あとは、時々英検やTOEICにチャレンジしてみたり。

でも駅前留学とか、ネット英会話とかは一切やっていません。

だって、お金がかかるから…!(悲しい現実)

自分のお給料の中で、貯金しながら、

できる範囲で本を買ったり、試験を受けたり。

 

しかしこれだけ長く勉強してるのに、

英語が全然分かるようになった気がしない、

いつまで経っても中学英語さえ「できる!」と胸を張って言えない…

自分に合った勉強法を見つけようとか、

「英語の勉強法」みたいな本も読んだことありました。

 

でも、全然できるようになった気がしない…!

 

まぁ、それは独学の定めというか、

独学はつまり、誰にも見てもらえないということなので、

間違っても、

「どうしてそれが間違いなのか?」

「何が正しいのか?」ということに対して

答えてくれる人がいないんです。

(当たり前といえば当たり前)

だから

分からないものはずっと分からないまま、とか、

実は適切な表現ではないのにそのまま使ってた、とか、

そんなことの無限ループだったんです。

この無限ループは永遠に続くように感じるので、

「これだけやっても上達しないってことは、

私には向いてないんじゃないか」とか

「もう諦めてやめてしまった方がいいんじゃないか」とか

悪い方にばっかり考えてしまうんですねー、

だってNEKURAだから☆

 

そんなこんなでモヤモヤ〜とした気持ちで勉強を続けていた2015年、

インターネット上で発見したのが

フルーツフルイングリッシュ』でした。

 

※突如始まるセールストーク?!②に続く※

↑無駄なドーナツトークが長かった…