nono-ji’s diary

アイルランドでの(もがき苦しむ)生活について全般

病み上がりラプソディのこと

2018年11月10日(土)

 

今日は病み上がりではありますが、

我らがQUEENの伝記的映画

『Bohemian Rhapsody』を観に行ってきました~!

咳き込んだら周りの人に迷惑だけど

その時はごめんなさい!来週まで待てない!(´;ω;`)

 

ということで久々に映画館に行ってきました~!

スチューデントリープカードを見せると

ちょっとは割引してもらえるから必須アイテムですよ!

 

映画はというと…もうね、色々なこと考えてしまって

最後は涙が自然と流れて、すごいデトックス効果です…(´;ω;`)

冒頭の、コンサート前の特異な雰囲気というか

独特の高揚感が溢れる滑り出しでワクワク感が半端ないよね…!

 

ファンであると公言しておきながら、

彼らの詳しいバイオグラフィについて知らないことが

沢山あったのでもっと勉強しないと

ファンなんて名乗れませんね(;´・ω・)

(フレディが空港で働いてたとか、

お父さんとあんまり仲が良くなかったとか)

 

好きなことなので

最近苦手なリスニングも一生懸命聞こうとする(爆)

"I like Opera."(俺はオペラ好きだ)の一言に対して

"Do you?"(ああ、そうなの)

と返す答え方は先週の授業でちょうどやったので

こうやって使うのか~とちょっと勉強にもなった( ..)φメモメモ

 

以下思ったことを箇条書き

 

◆フレディ役の人のルックスはそこまで似ている訳ではないけど、

 フレディの独特な仕草や喋り方・抜群のスタイルを完全再現していて◎

◆ブライアン、ロジャー、ジョンの俳優さんはどこで見つけてきたのか

 完全に生き写しってか本人ですよね?ってくらい似ててすごい。

◆ロジャーが見かけによらず

 喧嘩っ早いところまで再現されてて微笑ましい(^ω^)

◆若干↑に巻き込まれ気味のブライアンも微笑ましい(^ω^)

◆そして何事にも動じずマイペースなジョンも微笑ましい(^ω^)

◆「コーヒーメーカーだけはやめろ!」が微笑ましい(^ω^)

◆フレディの家の玄関に金閣寺のお守りが貼ってある。

◆電話帳全部調べたのか…!

◆ソファで弱って寝込んでいるフレディに号泣。

◆病気の可能性に気づき一人検査を受けるシーンで号泣。

◆「まだまだ時間はあるんだし。」という一言に

 「俺にはあまり時間はないかもしれない。」って返すフレディに号泣。

◆思うように声が出なくなるフレディに号泣。

◆病気の告白を受けて涙を流すジョンに号泣。

◆想像もつかないようなとんでもない数の観客をステージから見るシーン、

 映像にも関わらずそこに立っているかと思うとちびりそうになる。

 

などなど思ったこと沢山ありすぎて書ききれないよ(^ω^)

後半なんて号泣したことしか覚えてない(^ω^)

 

特に印象的だったのは

孤独を感じて寂しいのに

相手に不器用にしか「一緒に居てほしい」と言えず

取り繕うようにパーティをしてバカ騒ぎするしかなかった

フレディが、なんか、もう…嗚咽(´;ω;`)

ステージではあれだけ成功して自信に満ち溢れているように見えても

本当は繊細で相手のこと慮りすぎて

わがままになれなかった人なんだと思うと、

切なくて切なくてまた号泣( ;∀;)

 

本当に唯一無二の人でした。

私は生まれるのが遅すぎた。

本物の彼が歌う姿をこの目で見ることが

永遠にできない。

それが悔しくて悲しくて仕方ない。

 

少し駆け足気味でしたが、

あの名曲がこんな風に生まれたのかぁ~と分かると

今度から聴く時の印象もまた変わってきますね!

 

時間があればもう一回観に行ってしまいそう…

おかんに日本でパンフレット買ってもらうように

お願いしときました!

おっかあさま、よろしくお願いしゃーす!!!!

_( _´ω`)_日本に向かって五体投地

 

f:id:nono-ji:20181112055307j:plain

映画の半券とパソコンの色がまさかのコラボレーション。

 映画のエンディングで完全再現されているライブがこちら。

本当にすごい再現度です。

あかん、また目から鼻水が…( ;∀;)

 

youtu.be