nono-ji’s diary

アイルランドでの(もがき苦しむ)生活について全般

どうしてアイルランドなのかのこと

2018年8月14日(火)

 

日本はお盆休み真っ最中ですかね!

暑くて死にそうだし、

旅行に行けばお金がかかるし、

毎年結局どこにも行かない組だったんですが、

みなさんはどうお過ごしでしょうか?

 

さて、恒例の書くネタがなくなったから

留学全般について書くよ!

 

今日はどうしてアイルランドを留学先に選んだか!

ということですが、

分かりやすく言えば

 

イギリスのワーホリビザ抽選に落選したからです!

 

以上!

でもそれまでにも色々?心境の変化?が

あったっちゃあ、あったもんで

興味がある人は読んでもらっても

毒にも薬にもなりません。(ならんのか)

 

イギリスに留学したい!というのは

当初からの夢だったんですが、

漠然と

①ヨーロッパに憧れがあった

②強い日差しにアレルギーがあるので

 長期間南半球(オーストラリア、NZなど)では生活できない

③日本人が少ないところ(アメリカ、カナダは日本人が多いイメージ)

と、あえて理由を挙げるとこうなります。

 

でも、2,3年くらい前から留学会社のフェアなどに参加して

アイルランドに留学したという方と

お話する機会が結構ありまして、

そのたびにみなさん「すごい良い国でした!」と

満足気にお話しされるので、

そんな国もあるのかぁ~程度にしか考えていませんでした。

この時点でアイルランドに関する知識はゼロ。

映画『タイタニック』でジャックとローズが

くるくる回ってダンスを踊った曲が

アイリッシュミュージックってことか、

Westlifeの出身地というくらいしか知りませんでした。

(偏り過ぎ)

 

何回もイギリスのワーホリ抽選に落選するうちに

「逆にイギリスでなければいけない理由はなんだ?」と

自問自答するようになり、

結論→イギリスでなくちゃいけない理由が見つからなかった

という理由で、留学担当者の方の勧めもあり、

アイルランドのワーホリにも同時に挑戦することにしたのが

今年1月のお話。

 

そしてめでたくアイルランドから「アンタ来てもええで」の証、

ワーホリビザの発給を受けることができたのであります!

 

これは留学担当の方のお話ですが、

アイルランドは近年留学先として人気が

じわじわ出てきている為、

去年、今年くらいから抽選制になったそう。

担当者の方の感覚では申し込んだ人の

50:50くらいで落選した方もおられたそうな(; ・`д・´)

当選してラッキーな部類に入るのね。

私が2,3年前にフェアで話を聞いた時は

「毎年定員割れしてるから申し込めば絶対通るよ!」って

言われてたので状況は刻々と変化しているようです。

(私と同じようにイギリスワーホリに落選して

同じヨーロッパのアイルランドを選ぶ人が増えているようです。)

それくらいイギリスワーホリに当選するって

すんごい倍率なんだね( ゚Д゚)

 

そんなこんなで

(特にドラマチックな理由がなくてすみません)

今アイルランドにお邪魔している次第であります。

私は行きたい国があったから留学した

(結局元々の行きたい国とは違いますが)ので、

どの国に行けばいいか?という

迷いはあんまりなかったのですが、

色んな人と話すチャンスがあるなら、

自分が全く興味のなかった国について

聞いてみるのもいいと思います!

もしかすると選択の幅が広がったり、

全然考えてもみなかった国に結局行くことになったり

するかもしれませんよ~!

 

f:id:nono-ji:20180815051333j:plain

夏季は生徒が多いので、臨時の建物で授業を受けています。