nono-ji’s diary

アイルランドでの(もがき苦しむ)生活について全般

音楽は国境を超えるってこと

2018年7月9日(月)

 

日曜日、マーレイパークという郊外のとっても広い公園で行われた

QUEEN+アダム・ランバートの屋外コンサートに行ってきました!

コンサートが行われることは、街中のポスターで知っていたのですが、

場所がよく分からないのと、

日曜だし夜遅くなると危ないかなぁ~、

とか色々不安要素があったのでほとんど諦めていました。

でも我が家のホストマザーが

崖から背中を蹴落とすタイプの人だったらしく

「夜出かけるの?オーケー、オーケー行っておいで!」

「ダブリンは小さい街だから迷ってもでーじょーぶ、でーじょーぶ」

「8年間学生を受け入れているけど

今まで一回も危ない目に遭った子はいないよ!」

「コンサート、行き方調べてあげるから、

家にひきこもってないで行ってきなさい!」

って感じで半ば強制的に(笑)追い出された形で行ってきました。

(絶妙に語弊がある)

 

結論:『行って本当に良かった!』

 

前回の来日から1,2年は経過しているし、

世界各地でこんなに精力的にツアーをやっていることすら

知りませんでした。

私の人生で3回も彼らの生の演奏を聴けたことは

本当に幸運としか言いようがありません。

人生初めてのコンサートはQUEENで、

人生初めての屋外コンサートもQUEEN、

人生初めての海外遠征もQUEENで

前回の来日公演で聴けなかった

アダムの"The Show Must Go On"も聴けたしね!

(個人的にこの曲は彼のためにあると思う)

もうこれ以上求めるものは何もありません。

(屋外コンサートってこちらでは

open-air concertって言うんですね。)

 

写真では伝わりにくいですが、

会場はめちゃくちゃ広い公園にも関わらず、

人、人、人!!!で

こんなに人がいるの見たことないよ、としばし茫然。

芝生に寝っ転がったり

ハイネケンビール浴びるほど飲んだり

歌い、踊りまくったり

心から空間と時間を楽しんでいる

アイルランドの人たちを見ていると

私は人生を楽しむのが本当に下手くそなんだなと

思わされました。

 

曲のイントロが流れると

「あぁぁ~~~!この曲ね!」って

なる雰囲気がすごく好きで、

みんながすべての曲を愛してるんだなぁ~と涙。

そして、国境も人種も違うこんなに沢山のひとたちと

同じ音楽を好きでいられることを改めて実感。

これってよくよく考えると、すごくない?

そうだ、音楽は国境を超えるんだ。

 

アダムの伸びやかな声と、

ぶりぶりに女々しい仕草が大好きよ。

レジェンドたちは言うまでもなく、

いつまでもお元気で、

栄光の伝説を作り続けて下さい!

 

そういえば、日本ではおなじみの

マフラータオルは売ってませんでした。

これって日本だけの風習なのかな?

いつもどれもこれもデザインが手抜きだなぁ~って思ってたので

そうだとしたら妙に納得('ω')

 

f:id:nono-ji:20180710052358j:plain 

1週間早いけど、自分への誕生日プレゼントと思えば€80も高くない?