nono-ji’s diary

アイルランドでの(もがき苦しむ)生活について全般

1週目のまとめのこと

2018年7月8日(日)

 

おはようございます。

今何を書くか決めていないまま

タイピングしています。

 

長年の夢だった海外生活を始めて

1年のうちの最初の1週間が過ぎました。

 

その感想としては、

◆ずっと憧れていた割には

「海外で生活している」という特殊な状態に

妙な興奮状態にもならず、

頭の中はいたって冷静であったこと。

(毎日のタスクを淡々とこなしてる感じ。)

 

◆家族ではない人たちとの生活は

色々と気を遣いはするけど、

想像以上にはナーバスにはなっていないこと。

(実家暮らしではあったが

ほとんど一人暮らしみたいな生活だったので。)

 

◆授業では自分の英語力のなさに、

なけなしの虚栄心は見事打ち砕かれ、

このままただ学校に通うだけでは

上達なんかするわけない、と

僅かな希望の光も消え去りそうなこと。

(ちょっとカッコよく言ってみた?)

 

周りが何を言っているのか分からない、

自分の言いたいことが出てこないことで、

他の学生に迷惑をかけたり

私がいることで雰囲気が悪くなるんじゃないかとか、

先生には手のかかる面倒な生徒だと

思われたんだじゃないかとか、

等々、根が悲観的なので

悪い考えは次々に浮かんできます。

その手の選手権があれば世界記録出せるくらい!(;'∀')

このやるせなさは

自分に実力がないから、

このまま学校に通い続ければいつかは

成長を実感できる日が来るのだろうか?

と半信半疑です。

 

こんなマイナスなことを長々と書き続けると

大層凹んでいるのではないかと思われるかもしれません。

昔の私ならそりゃあ落ち込んで引きこもっていたと思いますが、

今はおっかぁや日本の友達が言ってくれるみたいに

「始めたばかりで慣れてないんだから

うまくできなくても仕方ないさぁ~!」と言ってくれた言葉で

「そうだよね~、辞めるには早すぎるよね~」と

割とサクサクした感じで受け止めているので、

あんまり心配しないでね!

 

それ以上に、学校や街で出会う人々が本当にナイスってこと!

 また追々そのことについては書きますね~(^^)/

 

f:id:nono-ji:20180708190849j:plain

落ち込んだから一杯ひっかけてやる~!とはまだまだならない小心者