nono-ji’s diary

アイルランドでの(もがき苦しむ)生活について全般

フランス人留学生のこと

2018年7月4日(水)

 

午前、午後のクラス共に2,3人のフランス人留学生がいます。

 

フランス人といえば、

パリで道行くパリジャン・パリジェンヌに

英語で話しかけると

「フランス語オンリー」と言われて相手にされないと

聞いていたので、冷たい人ばっかりなんだと

一種の偏見を抱いておりました。

 

でも、外国まで英語を学びに来ている人ばかりだからなのか、

出会うフランス人、みんな優しいしすごく親切という印象。

月曜日に受けた午後のクラスが難しすぎたので

半べそかきながら先生に一つ下のクラスに変更をお願いした事件

(7月3日の記事参照)で

火曜日は月曜日と違うクラスを受けたんだけど、

今朝(水曜日)カフェテリアに行ったら

月曜日の難しかったクラスにいたフランス人男性(年上)が

「のの字、昨日午後のクラスいなかったけど、

火曜日は午後クラスないの?」と聞いてくれました。

(しかも1回しか会ってないのに名前まで覚えてくれてる!)

さっと人の名前覚えられるものなのか、

私は3日経ってもよく分からないぞ;

(しかも外国の名前だしなぁ~;すごい)

 

あと、授業中も私のつたない英語を聞いてくれたり、

一生懸命色んな単語に変えて説明してくれたりして

本当に親切にしてもらっています。

ありがとう、

そして変な偏見を抱いていて本当にすみません(´;ω;`)

自分の勝手な先入観でイメージを抱きすぎるのは

絶対よくないなと改めて思わされました。

 

f:id:nono-ji:20180705034103j:plain

世界中どこに行っても落書きは、ある。

 

f:id:nono-ji:20180705032348j:plain

フランス人が書いてくれたフランス地図。私の日本地図と比べ物にならない精密さ。ちなみにマルセイユ付近のうっすらとした丸は、そこがプロバンス地方だということ。