nono-ji’s diary

アイルランドでの(もがき苦しむ)生活について全般

好きなことに集中してみよう!のこと

2018年11月14日(水)

 

ダブリンの街はハロウィンが終わったら

一気にクリスマスの装いにチェンジです!

 

想像以上にこちらのクリスマスに対する

情熱がすご過ぎて(プレゼントコーナーやイルミネーションなど)

ちょっと呆気にとられてるぞ!

 

f:id:nono-ji:20181115062736j:plain

スペシャルにおしゃれなディスプレイ!

f:id:nono-ji:20181115064307j:plain

そりゃ写真も撮りたくなりますわ(*'ω'*)

 

そして私はというと、

先週末に観たボヘミアンラプソディの興奮が冷めやらず、

「フレディについてもっと知りたい!」と思い

『フレディと私』という、

フレディの恋人だったハットンさん(もちろん映画にも登場してます)

が書いた本があったなぁ~!と思い出して密林さんで検索…

が、しかし結構前に出版された本のため

在庫はなくkindleでしか販売してない…(;´・ω・)

kindle持ってないし、電子書籍派ではなく

アナログ紙派なので本として欲しいんや…!(; ・`д・´)

でも日本語訳版は手に入らないし

どうせなら原書で読んでやろうや…!(=゚ω゚)ノ

となんとも壮大な計画がひらめいたので

とりあえず色んな本屋さんを探し回って紙の本を探すことにします。

無謀なようにも思えるけど

「好きなこと」ならなんかやれそうな気がしちゃうから

不思議なんだよなぁ~これが。

(簡単に挫折するかもですが。)

 

今日とりあえず街中で見つけた小さい本屋さんに突撃!

が、店の外から見える店員さんが

なんかいかつくて怖そうだなぁ~(; ・`д・´)と

ドキドキしながら

「あの~、この本探してるんですけど…」と聞いてみると

「裏にないか見てくるから待っとって~や。」と

見かけによらず丁寧に対応してもらった。

人を外見で判断しちゃいけませんよ!のの字さん!

でも結局そのお店には在庫はなかったけど

「チャプターズってパネルストリートの本屋さん知ってる?

そこならあるかもしれんよ!」って

他のお店まで親切に紹介してくれました。

本当、人は見かけによりません(´-ω-`)

怖そうとか言ってすみません(;´・ω・)

根気よくみつかるまでダブリン中の本屋さんを

探し回ってみるのであります!

オッス‼保険金請求すっぞ‼のこと

2018年11月13日(火)

 

先週行った病院のお薬代と交通費を請求するべく

ようやく重い腰を上げて必要書類を揃え始めました。

 

今回が初めての保険金請求。

意外だったのはパスポートの顔写真のページ

(自署のサインが必要らしい)と

入国スタンプの押されたページのコピーが必要とのこと。

日本ならコンビニに行けばコピーなんてぱぱぱーと

できちゃいますが、

アイルランドのコンビニ(っつっても24時間営業ですらない)

にはコピー機は置いてないので

コピー屋さんに行ってコピーするしかないみたいです。

(あと大きなショッピングセンターなら

パソコンとコピー機が併設されてる所もあるよ!)

 

請求書には記入したので

近々コピー屋さんに行ってパスポートのコピーとってきますね~!

 

f:id:nono-ji:20181115062731j:plain

ショッキングなくらいろくな写真がない…

 

同居人にも性格がありましてのこと

2018年11月12日(月)

 

あああーーーー!

最近留学に関するどころか、

海外生活に関することすら全く記事にしてませんね!

もはやただの日常生活を記したブログでしかない…

全然役に立たなくてごめんなさい…(;´∀`)

でも海外で生活してるからって

365日毎日スペシャルなことが起こるかって聞かれたら

そんなことある訳ないだろと

言いたいので許してほしい(´ω`)←所謂ネタ切れ

 

私、子供のころ白い文鳥を何羽か飼ったことはありましたが、

父親が動物嫌いなのと、

「うちはすでに3匹(私たち兄弟)飼ってるから

動物なんて飼う余裕ない。」(酷い)

という主張のもと、

犬さん🐶や猫さん🐱は一切飼ったことがありませんでした。

大きくなったら自分で飼えばいいや!って思ってた時期も

少なからずあったと思いますが

成長するにつれて潔癖の性が芽生え始め、

一人暮らしを経て

「動物は好きだけど、毛が気になるから飼うのは嫌」

という冷たい心の大人に成長しました。←今ココ

 

でもアイルランドに来て

不可抗力?で猫さんと住むことになり、

なんやかんやで癒されています(´ω`)

 

そしてここにきて初めて

猫さんにも性格や個性があることに気が付きました…!

(ガチで知らんかったんや…)

 

ウチには2匹の猫さんがいて、

一匹は白黒ブチで、一匹は真っ黒の白靴下です。

(姉妹って言ってました)

んで、白黒ブチはものすごいかまってちゃんで

家の中に入りたい時、私が部屋に居ると

必ず「開けてくんべや~!」と窓をこすりに来ます。

無視し続けても諦めずに開けるまで鳴いて知らせてきます。

(開けたれや)

めっちゃ近づいてくるし触って触って~!って感じ。

 

しかし真っ黒靴下はつーんとしててほとんど姿を見ない日もあります。

開けてほしいときは時々窓こすりに来たり鳴いたりしますが

すぐ諦めていつか開けてくれるやろ~くらいの態度で待ってます。

しかしアイリッシュファミリーの娘さんが大好きらしく

でも彼女は仕事でほとんど家に帰って来ないので

不在の期間が長くなるとものすごく寂しそうにしてたり

彼女の部屋で過ごしたりしてます(´;ω;`)カワイソ

 

へ~!猫にも個性あるんやね~!って三十数年生きてきて

初めて知りました。 

でも基本は臆病で、どっちも頭は撫でてほしいけど

喉を触られるのは嫌ってことは分かりました。

 

あと私は無駄に尻尾を掴みたくなる性質ということも

分かりました(´ω`)

 

f:id:nono-ji:20181115062744j:plain

これだけ猫の話しておいて写真を載せないという結末。

 

18週間まとめのこと

2018年11月11日(日)

 

今日は一日中家に引きこもって

「如何にしてスマホに音楽データをダウンロードするか」を

試行錯誤しました。

(勉強しろ)

 

こちらで購入したXperiaさんですが、

androidが初めてだったので

データの保存先を本体にしか指定できず、

そうすると1600曲あまりの音楽データを全て保存できないので

どうにかして保存先をSDカードにする必要があったんだけど

そのやり方が分からない…!( ˘ω˘)スヤァ

androidユーザーさんには当たり前すぎて

「何言ってんのコイツ」状態だとは思うんですが、

iPhoneっ子だった人間からすると

データの保存先指定が難し過ぎる…('Д')

ネットで調べても全然分かんない、

そもそもandroidの人は何の音楽アプリ使ってんの?

未知の世界過ぎる…!

 

ずっと先延ばしにしてたんですが

スマホでQUEENの曲聴きたいから本気でやるよ!(愛の力)

ちなみに先延ばしは英語でput offって言うってこれも

先週ちょうど授業でやったんだ!

 

android使ってる友達がスクショ撮りながら

すごく丁寧な解説をLINEで送ってくれたので

データをSDカードに移動する方法は分かった!

ありがとう~、持つべきは心の友…!(´;ω;`)

(手っ取り早く管理アプリを教えてもらいましたが、

本体操作だけでも移動できるんだね!)

 

あとは外付けHDDに入れてあるデータを

スマホに入れるだけ…!

なんだがここでも問題が…!

私のパソコン容量小さすぎて1600曲分

仮置きする容量もない(^ω^)

仕方ないのでとりあえずGoogleドライブにアップロードして

スマホから直接取りに行く方法を試してみる…!

(アップロードに1時間くらいかかった;)

 

やっとアップロードできた!

androidに元々入っている「ミュージック」アプリを

いじり倒すと「Googleドライブ」というボタンが…!

こ、これは、ドライブから、ダウンロード…できる…?

 

→で、できた~~~(´;ω;`)

(ダウンロードにも1時間くらいかかった)

 

なので明日から通学中にQUEENの曲聴きたい放題だよ!

やったね!!(^^)!

 

こういう試行錯誤しながら思うのは

スマホは使い慣れたやつを持ってくるのが正解』

ですよ皆さん!

日本のキャリア(au、docomo、ソフトバンクなど)で契約していても

事前にSIMロック解除をすれば(3000円くらいだったかな?)

こちらのSIMカードが使えます!

普段使いのパソコンがノートパソコンなら

それをそのまま持ってこればバックアップにも使えるし!

(私はデスクトップだからどうしようもなかったんだけど)

使い方覚えるのに余計なイライラを蓄積しないで済みます。

 

ただし海外に持ってくるってことは

スリやひったくりにあって紛失する危険も増すので

無くした時のダメージを考えると

クソXperia(失礼)なら仕方ない、

本命のiPhone無くすよりは100倍いいかな、

って思えるので良し悪しですね(;^ω^)

 

f:id:nono-ji:20181112055334j:plain

一応勉強もしてる…んだから…!

最近もう嫌だぁ~、学校行くの嫌だぁ~、

全然英語上手くならないし、うわぁ~(´;ω;`)

という日々でしたが、

久々にQUEENの曲を聴いて

「これを翻訳なしで分かるようになりたかったんだ…」

と思い出した。

 

そうだ、音楽はいつもなんて偉大なんだ…。

 

 

病み上がりラプソディのこと

2018年11月10日(土)

 

今日は病み上がりではありますが、

我らがQUEENの伝記的映画

『Bohemian Rhapsody』を観に行ってきました~!

咳き込んだら周りの人に迷惑だけど

その時はごめんなさい!来週まで待てない!(´;ω;`)

 

ということで久々に映画館に行ってきました~!

スチューデントリープカードを見せると

ちょっとは割引してもらえるから必須アイテムですよ!

 

映画はというと…もうね、色々なこと考えてしまって

最後は涙が自然と流れて、すごいデトックス効果です…(´;ω;`)

冒頭の、コンサート前の特異な雰囲気というか

独特の高揚感が溢れる滑り出しでワクワク感が半端ないよね…!

 

ファンであると公言しておきながら、

彼らの詳しいバイオグラフィについて知らないことが

沢山あったのでもっと勉強しないと

ファンなんて名乗れませんね(;´・ω・)

(フレディが空港で働いてたとか、

お父さんとあんまり仲が良くなかったとか)

 

好きなことなので

最近苦手なリスニングも一生懸命聞こうとする(爆)

"I like Opera."(俺はオペラ好きだ)の一言に対して

"Do you?"(ああ、そうなの)

と返す答え方は先週の授業でちょうどやったので

こうやって使うのか~とちょっと勉強にもなった( ..)φメモメモ

 

以下思ったことを箇条書き

 

◆フレディ役の人のルックスはそこまで似ている訳ではないけど、

 フレディの独特な仕草や喋り方・抜群のスタイルを完全再現していて◎

◆ブライアン、ロジャー、ジョンの俳優さんはどこで見つけてきたのか

 完全に生き写しってか本人ですよね?ってくらい似ててすごい。

◆ロジャーが見かけによらず

 喧嘩っ早いところまで再現されてて微笑ましい(^ω^)

◆若干↑に巻き込まれ気味のブライアンも微笑ましい(^ω^)

◆そして何事にも動じずマイペースなジョンも微笑ましい(^ω^)

◆「コーヒーメーカーだけはやめろ!」が微笑ましい(^ω^)

◆フレディの家の玄関に金閣寺のお守りが貼ってある。

◆電話帳全部調べたのか…!

◆ソファで弱って寝込んでいるフレディに号泣。

◆病気の可能性に気づき一人検査を受けるシーンで号泣。

◆「まだまだ時間はあるんだし。」という一言に

 「俺にはあまり時間はないかもしれない。」って返すフレディに号泣。

◆思うように声が出なくなるフレディに号泣。

◆病気の告白を受けて涙を流すジョンに号泣。

◆想像もつかないようなとんでもない数の観客をステージから見るシーン、

 映像にも関わらずそこに立っているかと思うとちびりそうになる。

 

などなど思ったこと沢山ありすぎて書ききれないよ(^ω^)

後半なんて号泣したことしか覚えてない(^ω^)

 

特に印象的だったのは

孤独を感じて寂しいのに

相手に不器用にしか「一緒に居てほしい」と言えず

取り繕うようにパーティをしてバカ騒ぎするしかなかった

フレディが、なんか、もう…嗚咽(´;ω;`)

ステージではあれだけ成功して自信に満ち溢れているように見えても

本当は繊細で相手のこと慮りすぎて

わがままになれなかった人なんだと思うと、

切なくて切なくてまた号泣( ;∀;)

 

本当に唯一無二の人でした。

私は生まれるのが遅すぎた。

本物の彼が歌う姿をこの目で見ることが

永遠にできない。

それが悔しくて悲しくて仕方ない。

 

少し駆け足気味でしたが、

あの名曲がこんな風に生まれたのかぁ~と分かると

今度から聴く時の印象もまた変わってきますね!

 

時間があればもう一回観に行ってしまいそう…

おかんに日本でパンフレット買ってもらうように

お願いしときました!

おっかあさま、よろしくお願いしゃーす!!!!

_( _´ω`)_日本に向かって五体投地

 

f:id:nono-ji:20181112055307j:plain

映画の半券とパソコンの色がまさかのコラボレーション。

 映画のエンディングで完全再現されているライブがこちら。

本当にすごい再現度です。

あかん、また目から鼻水が…( ;∀;)

 

youtu.be

ドキドキ!アイルランドの病院行くよ!のこと②

2018年11月9日(金)

 

言われてた通り、普通の住宅街にある

普通のお宅が病院だった…!

でも確かに駐車場に停まってる車が高級感漂ってる…!

(名前は分からない)

 

病院に入ると女性2人が受付に座っていました。

名前を言うとAIG保険会社で予約した人ね、と確認が取れて一安心。

初診だったので問診票(もちろん全部英語(;´д`)トホホ)を記入。

10分くらい待っていると先ほどの受付の人が名前を呼んでくれて

隣の診察室に一緒に案内してくれました。

 

あれ?('ω')

部屋に先生いないけど?(゜_゜)

 

と思ってたら案内してくれた受付の女性が椅子に座った…?

 

って、貴女が先生だったんですねーーー!!!Σ(・ω・ノ)ノ

 

なんだこれこんなパターン初めてだったからびっくりしたわ、

先生が受付も兼ねてるのね!

(もう一人の女性が新人っぽかったので

慣れるまでは一緒に教えてあげてるのかもですが)

 

予想外の展開に若干挙動不審になりながらも

診察がスタート。

 

すごく物静かで冷静そうな先生だなぁ~。

 

保険会社の人がある程度病状を伝えてくれているとは言え

一応自分でも症状を伝えるべくメモしておいたのだ!

これが役に立って伝えたい病状は一応伝えられた…。

 

日本と同じように喉の状態と聴診器で診察…

うん、まぁ間違いなく風邪でしょうね。(ですよね)

 

処方箋を書いてもらってる間に

英語を勉強しに来たの?とかどこの学校に行ってるの?とか

あと、京都と福岡にも行ったことがあるらしく

また行きたいわ~、食べ物が良かった!って色々話をしてくれました。

 

ぼや~っと部屋の中を見回していると、

立て板の向こう側の床にクッションが置いてある。

 

よくよく見てみるとクッションで

ダルメシアンが寝ている…?!( ゚Д゚)

あれ、ここ診察室?

あ、でも先生のご自宅?だからいいのか、

いいよね、別に犬の一匹や二匹診察室に居ても問題、

ないよね!!!!(;^ω^)

 

なんかアイルランドの病院、

すんごい自由だぞ!

 

なんやかんや個人的なサプライズはいくつかありましたが

無事診察も終えて処方箋ももらって

ドキドキ!アイルランドの病院体験は無事完了しました!

 

なぁんだ、こんなことならもっと早くに来てればよかったとちょっと後悔。

 

加入する保険の内容にもよると思いますが

私はキャッシュレス受診が可能だったので

病院での支払いは発生しませんでした。

ただ処方された薬代と、病院までの交通費は

後から請求になるとのこと。

特に申請の時に処方箋が必要になるらしいんですが、

ぼやっとしてると処方箋を返却してもらえないらしい

(ネットで調べた)ので

薬局の人に「処方箋コピーでもいいので返して下さい。」って

言いましょう。するとちゃんと返してくれます。

あと領収書もいるのかな?

分からないのでこれから申請して確認してみます。

 

f:id:nono-ji:20181110060158j:plain

病み上がりとかそんなの関係ない!食べたい物を食べるのだ!(=バイキング行きました)

 

ドキドキ!アイルランドの病院行くよ!のこと①

2018年11月8日(木)

 

今日は朝5時半に起きて病院に行ってきました!

噂に聞いていた恐ろしい(語弊)アイルランドの病院です…!

この記事が私の最後の投稿にな…らないな、

こうやって無事に書いてるのでちゃんと生還しました。

コケおろしてごめんなさい。

 

とりあえず、病院に行くまでの流れがこんな感じ↓

 

①保険会社に病状を説明して病院を紹介してもらう

          ↓

②保険会社に家から近い病院の予約を取ってもらう

(その際、病状もある程度は伝えてくれていました)

          ↓

③本日8時30分に病院に行く←今ココ

 

って感じです。

 

昨日の時点で病院が確定していたので

大家さん夫婦に病院への行き方を教えてもらったのですが

奥さんが

「あら、これは多分プライベートホスピタルね!

だったら私もついでに診てもらいたいくらいよ!」

みたいなことを言ってました。

 

アイルランドは日本のように皆保険ではないらしく

個人で健康保険に入らないといけない?のかな?

なので収入が多い人は手厚い保険に入れるし

医療費が高額な病院にも行けるらしいです。

で、プライベートホスピタルって言ってたのが

普通の住宅街にある普通のお家をちょっと改造した、

くらいの病院のことみたい。

で、予約を取ってもらった病院が高級住宅地にあるので

必然的にそういう場所にある病院は

お金持ちの人が行くいわゆる高額な病院になるんだって。

「お金持ちの人は貧乏人とは同じ病院には

行きたくないみたいだからね!」って

奥さんが冗談っぽく言ってました(笑)

 

f:id:nono-ji:20181110060044j:plain

帰国したロシア人の友達がチョコとポストカードをプレゼントしてくれました(´;ω;`)

端っこに移ってるのは処方された薬ね!

 

②に続く